掛布団カバーと敷布団カバー

シングレッスン

掛布団カバーと敷布団カバー

掛布団カバーのタイプとしては、ボックス型が一般的です。
外内面を生地で覆うタイプのことです。
以前は、額縁タイプと言われる掛布団の柄が透けて見える様、部分的にメッシュが使われている形が多くありました。
生地は、綿、ガーゼシルク、麻素材をと肌触りが良い素材が使われたものが多くあります。

色や柄も最近では豊富な種類が販売されています。
無地の布団カバーが人気のようです。
色も各種取り揃えられており、枕カバー、敷布団カバーも同一の色で統一することができます。
部屋のインテリアとの調和を考えて選ぶことができます。

敷布団カバーのタイプとしては、フラットシーツが一般的ですが、最近はベッドのマットレスを包むようになったボックスシーツが売れ筋となっているようです。
シーツの周囲にゴムが入れてあり、敷布団全体を覆うことでシーツがずれることを防いでいます。
簡単に取り付け、取り外しができることが特徴です。
布団カバーには、夏用冬用とあり、カバーの素材によって選び使い分けることができます。

check

2014/12/11 更新